人気のアイテム

ノベルティにも簡単なものから高価なこだわりの品までいろいろとあります。ここでは、価格帯ごとに、よろこばれるグッズをご紹介します。

予算を一品100円以下に収めたい場合。定番はタオルです。タオルはどの家庭でも必ず使うものであり、消耗品なのでもらうとうれしいもの。100円以下に抑えるにしても、できるだけ質の良いものを選びたいものです。その他、夏ならうちわ、ウェットティッシュなども実用的で喜ばれます。

予算一品300円前後の場合。比較的豪華なノベルティを準備することができます。人気なのは扇子、ポーチ、品の良いボールペン、マグカップなど。300円の予算があれば、使い捨てのようなものではなく、長く使えるような品を準備することができますから、上品なデザインになるよう心がけたいものです。

予算一品500円前後の場合。かなり豪華なノベルティを準備することができます。スマートバッテリー、タンブラー、高級感のあるボールペン、保温・保冷できるドリンクボトルなどが人気です。高価なものほどもらえたらうれしもの。こうしたノベルティはお客さんを集めることにつながるでしょう。

いかがだったでしょうか。予算に合わせて、もらってうれしいノベルティを準備しましょう。ノベルティでお客様への感謝を伝えましょう。また、ノベルティを通してより大勢の人にお店の名前を知ってもらえれば、効果的な宣伝にもなります。

ほしいノベルティとは

記念品やノベルティは、お客様に感謝の気持ちを伝えたり、開店や周年などの喜びを分かち合ったりするためのアイテムとなっています。記念品やノベルティは、名入れに工夫を凝らしたり、人気のグッズを選んだりすることで、もらってうれしいものとすることができるでしょう。

グッズ選びをするときには、もらう側に立って考えてみましょう。実用的なもの、おしゃれなデザインであることが喜ばれる条件です。また、精錬されたデザインでありつつも、万人受けする飽きのこないデザインにすることが、より多くの人によろこんでもらうコツです。そのお店の特徴を盛り込むのは良いですが、あまりにも奇抜なデザインであったり、ファッションや部屋に馴染みにくいものであったりでは、使い手の幅を狭めてしまいます。

さらに、ノベルティで重要なのは、名入れを工夫することです。名入れは印刷するほかに、箔押し、素押し、レーザー刻印などもあります。グッズの素材にもよりますが、名入れをスタイリッシュに行うことでノベルティのクオリティがグッと上がるものです。名入れは宣伝になりますし、見栄えを左右するものなので、ここは力を入れたい部分です。

ノベルティのグッズ選びや名入れするさいのデザインなど、ノベルティ制作サイトを参考にするのもいいです。いろいろなアイディアから刺激を得ることができるでしょう。また、こうしたサイトを活用すれば、簡単にノベルティを作製することができるでしょう。